みみ子とぽにょの美味しい楽しい親子ごはん

子供と一緒に楽しくごはん」をテーマに親子で一緒に食べるお揃いごはんを発信しています。

カテゴリ:family > maternity

おはようございます* ご訪問ありがとうございます *.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。** お時間のある方はクリックいただけると嬉しいです♪にほんブログ村 *.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。* ... 続きを読む
おはようございます*

ご訪問ありがとうございます
*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**
お時間のある方はクリックいただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログ 離乳食・幼児食へ
にほんブログ村

*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**
少し前に「低置胎盤」いついてご紹介させて頂きました。
その中で「切迫早産」になったことに触れたので
今回はそちらについて記録しようと思います。

私が「切迫早産」の予兆を感じたのは妊娠20wを過ぎた頃でした。
低置胎盤の関係でお腹の張りには気を付けるように言われていたので
同時期の妊婦さんに比べてお腹の張りに敏感になっていたのかもしれません。
お腹の張りがどんな感じかもよくわからなかったのですが
ある日下腹部が苦しくなる感覚を覚えました。
痛みとは違って「ギュー」っと苦しくなる感じ。
これがお腹の張りだったようです。
痛みもなく出血もなかったのですが
どうしても気になり健診外での受診をしました。

この受診時にもお腹が張っていたので
「ズファジラン」というお薬を処方してもらい帰宅しました。
その後少しお腹の張りは落ち着いていたのですが
25wころにまた再発。
子宮頸管が3cm程度になり「ウテメリン」を処方され
予定より早く産院に転院しました。
産院では「切迫早産により転院」という扱いだったようです。
呼ばれたときに看護師さんがドクターに向かって
「切迫早帰りの〇〇さんでーす」と言われてました(笑)

29wになったころに子宮頸管が1.9cmになり入院を勧められました。
しかし主人は出張でほとんどいなく
身の回りの物を持ってきてもらうこともできません。
自宅での絶対安静も無理ということで
祖父のことが心配ではありましたが
一時的に実家に帰省することにしました。
28手


予想通り、祖父が一日に何度も怒鳴ったり
怒ったりと正直気がめいりました。
怒り狂った祖父が力任せに襖を閉めれば
その音が自宅中に響き渡り空気は重くなるし
お腹は張るしで。。。
病気のせいだとわかっていてもしんどかったです。


帰省中の健診は実家から一番近い総合病院で受診していました。
その際の32w時の健診で
「赤ちゃんがもう骨盤に入り込んでるね。
これでドンドン頭で子宮口刺激して経管が短くなるんだよ」
と不安になる説明を受けましたが入院はしなくてもよいとの判断で
自宅にて安静になりました。
帰省中に妹の同級生の親御さんと遭遇した際に
「いつ生まれてもおかしくないくらいお腹下がってるね」
と言われたほどに臨月っぽかったようです(笑)


結局切迫早産になりながらも39w3dまでお腹にいてくれた娘。
前日に前駆陣痛で陣痛未遂事件を起こし陣痛に気づけず
39w4dで入院から5時間程度で出産しました。
28ほの

今思い出すとかなりハラハラなマタニティライフでしたが
やはり子供がお腹にいた時期は懐かしく
確かに幸せな時期でもありました。
今の幸せとはまた違った幸せさだからこそ
思い出すたびに
色あせることのない幸せをかみしめることができるのかもしれません。

離乳食情報を探すならこちらをクリック (*´∀`*)
にほんブログ村 子育てブログ 離乳食・幼児食へ
にほんブログ村
ママたちの愛情たっぷりの離乳食メニューはこちらでご覧いただけます♡

離乳・幼児食 ブログランキングへ
アイディア満載のお料理情報はこちらをCHECK♡

レシピブログに参加中♪


おはようございます* ご訪問ありがとうございます *.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。** お時間のある方はクリックいただけると嬉しいです♡にほんブログ村 *.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。* ... 続きを読む
おはようございます*

ご訪問ありがとうございます
*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**
お時間のある方はクリックいただけると嬉しいです♡
にほんブログ村 子育てブログ 離乳食・幼児食へ
にほんブログ村

*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**
休日初日、お花見に行かれる方が多いのでしょうか?
私は、主人もいないので娘と二人でお出かけです♪

少し前の「低置胎盤」の記事で里帰り出産をしなかったことに触れましたが
今回はその理由について少しご説明します。
里帰り出産をしようかどうか悩んでいる方の参考になれば幸いです。
低置胎盤に関する記事はコチラです。
~低置胎盤*発覚~
~低置胎盤*経過観察~
~低置胎盤*確定診断~


私が里帰り出産をしなかった理由は実家の事情でした。
実家の祖父が認知症で体はそこそこ動くのですが
逆上してしまうタイプなのです。

それもこちらが想像もしない理由で
急に怒り出します。
(目の前を飛ぶハエに激怒しだしたり、ドアがうまく閉まらなくて怒ったり)
一度怒り出すと自宅中のドアを手当たり次第叩きつけるように閉めたり
テーブルを叩いて怒鳴ったりします。
また物忘れも増えているので、それに対し自分自身で怒ってしまう状態です。

祖父がこうなるまでは認知症って物忘れが進行するものだと思っていたのですが
それ以外の症状もあることを知りました。
正直この怒れる祖父を間近で見るのはとても恐ろしく
ストレスがものすごい状態です。
たまに帰省する程度の私がこう思うのですから
同居している母と祖母は本当に大変だと思います。

・祖父がこの状態なので
新生児に対してどんな態度をとるかわからないリスク
・産後の自分の体調やメンタルが不安定な中で
祖父のことを受け流せる余裕がない

以上の理由から里帰り出産は控えることにしました。

その他にもNICUのある病院が車で40分以上かかる
母は仕事をしているのでいざというときにすぐ駆けつけられず
そこから病院(最寄りは車で20分)へ移動と考えると
いろいろとリスクが高いと思いました。
また実家のある山形は10月には冷え込んでくるのですが
実家の建物がものすごく古いので底冷えが半端ない。
(蔵と母屋をつないでいるところから隙間風が入るのです・・・)
そして無駄に広いものだからなかなか暖まらない。
正直新生児を迎えるには酷な環境です。
28手

ということで我が家は里帰り出産をしないことにしました。
出産前後は主人に仕事を調整してもらい
夏季休暇も合わせて床上げまで出張は控えてもらいました。

産後すぐは母が1週間手伝いに来てくれ
その後、義母さんが10日ほどお手伝いに来てくださいました。

買い物はネット通販中心。
家事は極力母や義母さんにお願いする。
そんな感じでなんとかなりました。
里帰り出産をしない場合にとても役に立つのが
各自治体の子育てサポートシステムです。
名称は自治体によって多少違うと思いますが
登録することでボランティアさんがお手伝いに来てくれるというもの。
私の場合は子守以外にも「お話相手」としてとても助かりました。
主人の出張が始まると、まともな会話もなく何日間も言葉の通じない
赤ん坊と過ごすことになります。
抱っこしてもなく、授乳してもまともに飲まずに泣いたり
何をしても泣き続け、布団に寝かせればさらに泣く。
このことを話す相手もいなく本当に「孤独育児」で
息が詰まりそうな中
ボランティアさんが来てくれて
お話しすることで「人らしい生活」が送ることができた気がします。

睡眠、食事と同じくらい「会話」って人の健全な生活のためには
必要不可欠なことなんだと実感しました。

里帰り出産ができないことに不安を感じている
プレママさんのお役に立てればいいと思い
記録としてまとめてみました。

Facebook始めました♪

離乳食情報を探すならこちらをクリック (*´∀`*)
にほんブログ村 子育てブログ 離乳食・幼児食へ
にほんブログ村
ママたちの愛情たっぷりの離乳食メニューはこちらでご覧いただけます♡

離乳・幼児食 ブログランキングへ
アイディア満載のお料理情報はこちらをCHECK♡

レシピブログに参加中♪



こんにちは* ご訪問ありがとうございます *.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。** お時間のある方はクリックいただけると嬉しいです (*´∀`*)にほんブログ村 *.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。* ... 続きを読む
こんにちは*

ご訪問ありがとうございます
*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**
お時間のある方はクリックいただけると嬉しいです (*´∀`*)
にほんブログ村 子育てブログ 離乳食・幼児食へ
にほんブログ村

*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**

「低置胎盤」疑惑の続き記事になります。
これまでの経過はコチラ。
妊娠13w「低置胎盤」発覚
「低置胎盤」経過観察&切迫早産

妊娠30週くらいから35週まで切迫早産による絶対安静のため
実家にお世話になりました。

そのためその期間は転院という扱いで
実家近くの産婦人科を受診しました。
NICUのある病院が実家から離れていたため
そこでの健診は難しく
何かあったらすぐに受診できるように
病院を確認しておきました。


帰省中の健診の中で先生より
「胎盤は少し上がってきてますね。2cmくらい離れてます。
出産まであと少し期間があるのでその間にどれくらい上がるかかな」
という説明を受けました。
28手

結局確定診断が出たのは帰京してすぐの
妊娠35週のタイミング
でした。
最終的に子宮口より4cmほど離れてくれたおかげで
自然分娩による出産が可能という診断になりました。
自然分娩にこだわっていたわけではないのですが
以前開腹手術を受けた際に術後大変だったので
出来れば自然分娩がいいなという気持ちがありました。


結局切迫早産になりながらも39w4dまでお腹にいてくれて
正期産になりました。
出産そのものは5時間程度だったので
正直出産よりも妊娠期間が辛かったという印象です。
(夢のマタニティライフとは無縁でマタニティハイになる暇がありませんでした。。。笑)

出産は本当に人それぞれ。
友人の話を聞くと本当に人によって違うことを
再認識します。
自分が妊娠、出産を経て母への感謝も深まりました。

長くなりましたがこれで「低置胎盤」に関する内容も終わりです。
長々とお付き合いいただきありがとうございました

離乳食情報を探すならこちらをクリック (*´∀`*)
にほんブログ村 子育てブログ 離乳食・幼児食へ
にほんブログ村
ママたちの愛情たっぷりの離乳食メニューはこちらでご覧いただけます♡

離乳・幼児食 ブログランキングへ
アイディア満載のお料理情報はこちらをCHECK♡

レシピブログに参加中♪

おはようございます* ご訪問ありがとうございます *.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。** *.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。** 今日は昨日よりもさらに暖かくなるそうですね。 気温が高くなるの ... 続きを読む
おはようございます*

ご訪問ありがとうございます
*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**

*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**
今日は昨日よりもさらに暖かくなるそうですね。
気温が高くなるのは嬉しいのですが花粉数値も上昇するので
顔の痒みと鼻水が止まりません。。。

先日の低置胎盤の話の続きになります。
前回の生地はこちら♪
⇒て低置胎盤からの出産~発覚編~

妊娠中期になる直前に「低置胎盤疑惑」が持ち上がり
その後も経過観察が続きました。
いわゆる「安定期」に突入したのにそんな時期は無関係の日々。
雑誌を読めば「少しづつ体力をつけよう」や「ストレッチをしよう」といった
素敵なマタニティ生活が目に入ってくるし、実際自分も妊娠するまでは
そういうマタニティライフを送ることができると思っていました。

けれど現実は違い、必要最低限のことをする以外はほぼ自宅で過ごしました。
無理のない範囲で外に行けば?とも思いましたが
「胎盤剥離」なんて言葉を聞いたら怖気づいてしまいました。
安静生活の中読んでいた「コウノドリ」にこんな言葉がありました。
「妊娠期間に安定期なんてない。」
たしかにそうです。
他の方がどう感じるかはわかりませんが
少なくても私はこの言葉にすごくうなずきました。
特に主人が出張で不在のことも多かったので
もし何かあった時のことを考えるよりも
出来る限り「何もないように」ということを考えて過ごしました。
28手

主治医から「お腹の張りには特に気を付けるように」と指導を受けたものの
「お腹が張る感じ」がわからずに少しの間過ごしました。
妊娠20週を過ぎたころからお腹がポコっと固くなり
腹圧がかかっているような感覚を覚えるようになりました。
そう、これがお腹の張りです。
お腹が張る=子宮収縮で子宮が固くなる
という感じでした。
最初のうちは固くなるだけでしたがお腹が大きくなるにつれ
キューっと苦しくなる感覚が起きるようになりました。
当時はセミオープンシステムと言って
産院とは別の病院に通院していたので
その通院していた主治医にそのことを話しました。
(産院は総合病院&通常の病院では対応できない
ハイリスク出産の妊婦さんも多くできる限り34wまでは
地域の病院に通院するように言われていました。)


妊娠20週頃からお腹の張り止めを処方してもらい
様子を見ていたのですが
25週頃に子宮頸管が3cmになっていたことを受け
予定より早めに産院へ転院になりました。


それまで通っていた病院の先生は本当に優しく
主人が不在がちで不安になった時にお腹の張りが気になり
緊急で受診した際に
「気になることがあったらいつでも来てくださいね。
妊婦さんの不安をとることも私たちの仕事の一つですから。」
とお声がけくださり今でもその先生に感謝の気持ちでいっぱいです。


結局妊娠29週に子宮頸管が1.9cmになってしまい
入院か絶対安静化かを余儀なくされたので
一時的に里帰りすることになりました。
里帰り出産は家族の事情で厳しかったので
35wまで実家で過ごしました。

長くなりましたが、今回はこの辺で終わりにします。
次は確定診断編へと続きます!!

離乳食情報を探すならこちらをクリック (*´∀`*)
にほんブログ村 子育てブログ 離乳食・幼児食へ
にほんブログ村
ママたちの愛情たっぷりの離乳食メニューはこちらでご覧いただけます♡

離乳・幼児食 ブログランキングへ
アイディア満載のお料理情報はこちらをCHECK♡

レシピブログに参加中♪



こんばんは* ご訪問ありがとうございます *.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。** *.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。** 先日の娘の1歳6か月記事で2年前のこの時期の話に少し触れました。 今日は ... 続きを読む
こんばんは*


ご訪問ありがとうございます
*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**

*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**
先日の娘の1歳6か月記事で2年前のこの時期の話に少し触れました。
今日は当時の記録をご紹介しようと思います。

現在妊娠中の方で同じような症例の方の励みになれば幸いです。
2年前のこの時期、妊娠13週くらいの時の話です。
妊娠に気づいた段階で通っていた産婦人科は出産設備がなく
近くの産院を探すことになりました。


周りには病院がいくつかあり人気の病院は妊娠6週頃でないと
分娩予約をとれないという状況でした。
何件か問い合わせた結果、友人が出産した病院で分娩をすることに決め
電話で初診予約をしたあと、診察を受け分娩予約という流れになりました。

この時の診察で
「胎盤の位置が低く自然分娩できない可能性があるかもしれません」
という旨の説明を受けました。
初めて聞いたときは
「え?胎盤の位置って出産にそんなに関係あるの?」
という感じで全くの予想外な指摘にどんな顔をしていいかわからない状態でした。
28手

その後主治医の先生より
「胎盤が子宮口を塞ぐほどではないのですが、
子宮口にかかるかかからないかという位置で
このままの状況ですと胎盤剥離の危険性や
出産時の大量出血が予想されるので
帝王切開の可能性もあることをお伝えします。」

という説明を受けました。
その他に
・多くの場合は胎盤が上がってくること
・胎盤と子宮口が3cm程度離れれば自然分娩が可能なこと
・今後も経過観察をしていくこと
・胎盤が低い位置になることで通常よりも
・子宮収縮の影響を受けやすく剥離の危険性もあるので
張りに気が付いたらすぐに安静にするように
・剥離がとにかく怖いので張りには特に気を付けること

という注意事項説明のようなものを受け分娩予約になりました。
たまたま私の予約した産科にNICUが併設されていたので
万が一何かあってもとりあえずはそちらにお任せできる予定になりました。
(この地域一帯の産科で何かあった場合は
最終的にこの病院のNICUの運ばれるので
その手間がかからないぶん安心でした)


思いがけず「低置胎盤」という状況になりましたが
たまたま選んだ産科がNICU併設で本当によかったと思いました。
自分がなるまで言葉すら知らなかった「低置胎盤」。
妊娠すること自体奇跡ですが、それを無事に継続し
無事に出産することの尊さが本当に身に沁みます。
1つの記事にまとめると長くなるので
確定診断に関しては別記事にてご紹介させてください


離乳食情報を探すならこちらをクリック (*´∀`*)
にほんブログ村 子育てブログ 離乳食・幼児食へ
にほんブログ村
ママたちの愛情たっぷりの離乳食メニューはこちらでご覧いただけます♡

離乳・幼児食 ブログランキングへ
アイディア満載のお料理情報はこちらをCHECK♡

レシピブログに参加中♪